医薬品の個人輸入代行を上手に利用しよう

医薬品の個人輸入代行を利用する人が増えています。
特にED治療薬、養毛剤、避妊用ピル等を手に入れるのに、外国から取り寄せると言うことが、当たり前のようになりつつあります。
その理由は色々ありますが、手軽に医薬品を手に入れることが出来ると言うことが一番大きいでしょう。
個人輸入業者のHPを開いて、後は注文をかけることで、簡単に手続きが出来ます。
先方の依頼業者の方は利用者からの入金が確認されれば、ただちに現地業者への発注、あるいは売れ筋の商品で有れば自らの在庫等もおいて有ることがあるのでその場合はただちに送付と言う流れになるのです。
これ、物凄く便利です。
これらの手続きは、一見、日本国内の通信販売を利用する場合の、利用者側の手続きと良く似ています。
だから非常に簡単に注文を出せると言うのが売りになっています。
感覚的には、通販でのカタログショッピングとほぼ同じテイストになっています。
実際は、利用者から医薬品の指定が知らされると、個人輸入代行業者は指定の医薬品を作っている現地の製薬会社、もしくはその代理店に連絡を入れて、利用者の代行で指定医薬品を購入します。
業者の本店、支店は、必ず現地にあります。
香港、マレーシアに事務所を構えています。
そして利用者の代行で、指定医薬品を現地税関を通過させた後に、日本の利用者の元に送り届けます。
つまり利用者の代行で個人輸入をしてくれるのです。
そして彼らの、利益は指定医薬品の引き渡し価格に含まれていますが、個人輸入代行料ということになります。
代行業務に必要な事と言うと、具体的には、指定の薬を作っている、もしくは扱っている団体を良く知っていること、その団体のスタッフと価格交渉、送付の段取等を進める力、特に語学力が堪能であること、そして税関をくぐって日本に贈られるので輸出入に関する知見と窓口経験があることが必要になります。
そういうことを淡々とこなせる一般人と言うのはあまり見かけませんし、当然我々はできなくて当然かと思います。
そういう観点に立つと、我々個人に代わって輸入一式をわずかな費用ですすめてくれる「医薬品の個人輸入代行」システムというのは、リーズナブルな選択肢であると思われます。
日本で見ず知らずの医院を訪ねて、EDに悩んでいることを伝えた後、バイアグラの処方箋を書いてもらう場合にはかなりのストレスがかかってきます。
そのことを思うと、個人輸入代行業者に依頼することは非常に気楽に対応出来ると言えるでしょう。
このことは、個人にとってはとても大きなメリットだと言えます。
そして日本では手に入れることの出来ないバイアグラのジェネリック等も入手出来るので、ジェネリックは元々の薬の1/5から1/2の価格で流通してることを考えると、海外医薬品にかける費用を大幅に圧縮することも出来るのです。
医薬品を入手する必要があるならば、信頼出来る個人輸入代行業者を見つけて、そこに輸入代行を依頼するのが良いでしょう。
そして、その医薬品のジェネリックも扱っているようならばかなり低価格のはずなので、同時にまとまった数を注文すれば、有効な資金の使い方をすることが出来るのです。