医薬品の個人輸入代行をネットで安価に購入

一般的に市販されている薬や、処方されているものは、日本の薬事法にのっとって厚生省が認めた医薬品です。
こうした薬は、薬局でもドラッグストアでも販売されています。
また、最近ではインターネットでの購入も可能になり、幅広い買い物をすることもできるようになりました。
ですが、日本の薬は結構金額が高いというのが現実です。
処方された薬は、健康保険を適用すれば3割負担で購入できますが、それがない場合は、かなりの費用になります。
そう、健康保険がなければ、驚くほどの金額となるのです。
日本は、薬代が高いとはいいますが、改めて見るとほんとうに高額です。
男性が悩み勃起障害を見ても同じことが言えます。
こちらでは、薬代が大きくわかるほど、その現実を実感させます。
日本でもED治療薬で有名なバイアグラは、1粒単価で1500円以上する薬です。
これを常用するには、かなり費用がかかりますので、男性としては辛いところでしょう。
しかも、健康保険の適用がないということなのですから、さらに厳しい現実です。
少しでも安価に薬を購入したいと思いながらも、現在の日本ではまだまだ無理なようです。
ジェネリック医薬品を取り扱うようにはなりましたが、それでも世界から比べると使用されているのが15%程度です。
世界で使われているジェネリック医薬品は、金額も高くなくリーズナブルな価格で購入することができます。
ただし、日本で薬局やドラッグストアでは販売されていないので、医薬品の個人輸入代行サイトを利用して購入する事ができます。
この個人輸入代行サイトは、あくまでも海外医薬品の取り寄せで通関の手続きを代わりに行ってくれるという業者です。
購入者が、あくまでも取り寄せているということになります。
通関の手続きだけをお願いしている形になりますので、通販のように買うことができますが、あくまでも通販でなく通関の代行をお願いして自分で買ったということになります。
そう、医薬品個人輸入代行サイトでは、インターネットショップと同じように購入できますが、通販ではないのです。
あくまでも、自分が購入して通関の手続きを業者にお願いしたという形になるのです。
日本の法律での薬事法では、薬を輸入してそれを販売することができません。
また、譲渡をすることもできないのです。
あくまでも、自分のみの使用になります。
自分のみ薬を使用することは、薬事法違反にはなりませんので、このところを注意しながら購入してください。
ED治療薬を見ても、日本では破格な値段となっていますが、海外でのジェネリック医薬品となれば、名前は違いますが1粒単価が300円ぐらいで購入できるのです。
この差がありますから、個人輸入代行サイトを利用する人も少なくないのです。
また、現在の個人輸入代行サイトでは、薬の輸入に対しても慎重です。
信頼性をコンセプトに出しているところは、海外ジェネリック医薬品を取扱い、さらに薬剤師に成分検査を依頼しています。
こうした面でも安全性が高まってきています。